ようこそ都城合気道錬成会 三股専心館道場へ


 合気道とは、青年時代から新陰流・鹿島新当流などの剣術、大東流柔術などの日本古来の古武道の奥義を究めてきた「植芝盛平開祖」(1883年~1969年)により創設された現代武道です。

 合気道が武道の名を標榜する以上、その本質を究めていくことは当然のことです。武の厳しさというものを根底に据えつつ、一方ではいたずらに相手とは優劣を争わず、お互いの人間性を尊重しながら、ともに良き方向へと人格を高め合うという共生の思想を目的とします。

 お互いに研鑽・切磋琢磨を積み重ね、魂魄の修業を行っていこうとする姿勢こそが、合気道を本質たらしめるものです。

 道場稽古においては、お互いの習熟度に合わせて技を繰り返し反復練磨することによって、心身ともに調和のとれるように稽古方法を行っています。若年・老荘・男女の性別にかかわりなく稽古をやっていくことができます。

 合気道の修業に終わりはありません。お互いの生活スタイル・条件に合わせて、倦まずたゆまず

継続させていくことで、進歩の道を歩むことになります。

 「強さ」とは、肉体的な強さではありません。精神的な強さこそ真の強さといえます。

 また、植芝開祖が示されていますように、合気とは「愛気」ということでもあり、お互いの練磨

を通じて愛の力を育み、延いてはそういう道友たちの行動が大きく広まり、争いを根絶した日本の平和、世界の平和へと伝道していくことをつとに切望いたします。



            心を修め、身体を護ります

          老若男女、年齢にあわせて鍛錬できます。

              見学・体験歓迎いたします。

 

INFORMATION

 

<ご連絡・稽古日程等>

 ニュース

 

<会員募集中>

お問合わせはこちらから

   都城合気道練成会

   三股専心館道場

 

場所

三股町四半的弓道場内

(三股町五本松1-13)

 

お問い合わせ

電話0986-52-5437